先輩社員メッセージ

シート設計 武藤 良太(2007年4月入社) 乗ってみたい理想の車を設計

Q : 入社を決めた理由は何ですか。

「世界のトヨタ」の内装設計に携わることができる。これに尽きます。出身が愛知県豊田市ということもあり、トヨタ自動車は子供のころから身近な存在でした。大人になって、自動車の内装設計を自分自身の手で手掛けられる機会を探していました。
入社前は設計者に対して堅苦しいイメージがありましたが、入社してみると、実際には柔軟で気さくな人が多く、ちょっと驚きましたね。とてもいい雰囲気の中で仕事ができるので、最高の環境だと感じています。

Q : 想い入れのある開発車種を教えてください。

内装設計に関わったレクサス(LEXUS)です。自分が乗っている車は一般車なので、高級車のレクサスに求められる要素には悩みました。普段、接している一般車とは感覚が違うことを認識したうえで、「乗ってみたい理想の車」をイメージして設計しました。自分にとって、このレクサスは理想の車を具現化した車種となっています。街中でこの車が走っているのを見ると、嬉しくなります。

Q : どんな技術者を目指していますか。

「自分のこだわりをカタチにする技術者」。高級車でも一般車でも車の本質を見極める力を持ち、魅力をカタチにする仕事をしていきたいです。魅力を最大限に引き出すため、個人の「想像力」をチームの「創造力」に変え、魅力を創り上げつづけたいですね。
これから入社してくる後輩には、やるからにはこだわりを持って仕事をしてほしいです。既存概念、常識にとらわれると世界感が小さくなる。常識を覆す意欲を持って一緒に新しい分野に挑戦していきたいです。