実験

自動車の安全性能を見極めるプロフェッショナル正しい判断を下すため、慎重に評価を重ねます

自動車用シートの強度・安全性や乗り心地などの実験を担当。携わった製品を市場に出して問題がないか、精密に評価をします。シート着座時や衝突時に大切な人を守るというプロ意識を持って慎重に判断を下しています。

TBエンジニアリング 実験の強み

  • ①微小な誤差も許さず、ミクロン単位までこだわる実験の正確さ。

  • ②妥協なき結果に裏付けられた、不動の評価。

  • ③数値化できないシートの乗り心地、快適性までも追求、評価。

主な実験内容

車両衝突モード模擬試験

車が衝突した際の、人体への影響やシートの損傷状態を調べる試験です。ダミー人形を搭載させ車両衝突模擬試験を行い、高速度カメラの映像や測定器のデータを解析します。事故発生時の衝撃を緩和させることで、かけがえのない人命を守るために行います。

シートエアバックの展開確認試験

車両衝突時のエアバックの展開状況を確認する試験です。悪路走行後や海岸付近、雨ざらしなどシートが実際に使用される環境ごとに、エアバックが開く範囲や開く速度、展開後のシートの損傷状況を調べます。エアバックがより安全で効果的に活用されるために行います。

ヘッドレストの損傷等確認試験

車両が衝突したり、追突されたりした時の、ヘッドレストの動きや損傷を確認する試験です。人体頭部を模した試験機を打ち付けて、ヘッドレストの移動量や損傷の度合い、周辺部品や関連部位への影響を調べます。人体の中でも特に保護が必要な頭部を守るために行います。

シート乗り心地評価試験

経験を積んだ専門の試験官が車両に試乗して、シート着座時の疲労感や違和感、姿勢の変化などを官能評価。このほか、測定器を用いてシートの硬さや圧力分布を調べます。長時間でも快適にドライブできるような着座姿勢を確保するために行います。